ようこそ、こそだてのOHESOへ

~こそだてのoheso~

 

 

子育ての本質とは何か

幸せとは何か

 

子どもが生まれてから

そんなことを探求する毎日。

 

子育ては連続し、 

幼少期の関わり方が

思春期に結果として現れるという。

 

わが子も思春期真っ只中となり

この言葉にとても頷く毎日である。

 

 

子育ては、奥深く、

迷い悩むことも多いけど

 

この世で一番

発見や感動や喜びを味わえる仕事だと

私は思っている。

 

そして何より

自分自身を大いに成長させてくれる。

 

 

「oheso‐おへそ‐」

 

 

「私」と「わが子」が繋っていた愛の証。

 すべては愛。

 

愛にはじまり愛に終わる。

 

子育ての原点は、ここにあると

私は思う。